復讐に出会い系サイトを使った

好きな相手に復讐をしたわけではないです。ただ、会社の上司にどやって普段の鬱憤をはらしてやろうかと考えていたところ、ある仕事の打ち上げで上司が出会い系サイトをしていると言う情報を本人から得ました。
かなり酔っていたので、まあよくベラベラと話をしてくれました。
適当に相槌をうちながら話を聞いていました。
ある出会い系サイトに上司が登録していて、そのニックネームもわかっていました。
たとえ上司にたどり着かなかったとしても、これはやる価値があると思った私は、早速出会い系サイトに登録しました。
若干プロフィールの作成が面倒ではありましたが、それでも上司に復讐ができると思えば、何のことはありません。
上司とこのサイトで接点をなんとか持とうとしました。
意外なことに、このサイトには同じようなニックネームがいくつもありました。
一人ひとりとやり取りをしたのは、あの時聞いたニックネームが本当かどうか不安になったからです。
時間や日数はかかりましたが、相手が上司らしい人にやっとあたりました。
その相手と何度も何度もやり取りをしていくうちに、いつも上司が口癖にしている言葉がでてきました。
確信した私は上司と会いたいという雰囲気をやり取りの中で伝えていくと、あっさり待ち合わせの場所を私に伝えてきました。
実際私がその場に堂々と行くわけがないのですが、一応陰から身を潜めてのぞくくらいはいいのではないかと思いました。
彼が待ち合わせの場所に来たときの表情と、その立ち姿をしっかりと携帯に納めた私は、まずその写真を同僚と友人らに見せてまわりました。
さらに同僚の中には上司に可愛がられていた人もいましたので、同じように見せました。
もちろん、その人は上司に言いますがそんなことはわかっていましたし、私は会社を退職することも考えて次の仕事先を既に見つけていました。
上司が私に怒鳴りつけてくるのかと思いきや、実際そういった関係になってしまえば、可愛がってあげたのにと開き直った感じでいってきたのにはあいた口がふさがりませんでした。

【出会い系PCMAXの評判】

Leave a comment

Your email address will not be published.


*